2024/01/30

ChatGPT(無料版)に頼んで、お手製ランダム広告を作ってもらって、当ブログに貼った。

誕生の瞬間(大げさ)。
 

 ChatGPT(無料版)に頼んで、お手製ランダム広告を作ってもらった。

 

作成の動機

 Amazon アソシエイト が、画像リンク作成機能などを廃止し、URL生成のみに特化することになり、当ブログのアソシエイトが無効になってた。

 それが、2024年1月1日だったわけで。。。

 世間ではその日。重大な震災でそれどころではなかったがな。

 おいらの気持ちとしては、 Amazon アソシエイト が、画像リンク作成機能の廃止は反対もない。むしろ肯定的だったので、すんなり納得していた。

 仕様変更したり、廃止したりで、そのたびに貼りなおす作業あったから、これでその呪縛から解き放たれたのだ。。。

 そんなわけで、お手製のランダム広告を作成することにしたと。。。

 

ad-c

こういう感じの広告つけたかった。

 

仕様

 i (画像URL)、 a (リンクURL)、 t (タイトルの t でもテキストの t でもどっちでもいい)の3つの情報で1つの画像広告リンクとして、ランダムに重複させず4つ出すやつ。

 のちに、t はテキスト表示させるようにさせたし、4つを6つに増やしたりの変更はあるが、今後も変更はある。

 https://weep.page/ad-c.js がソースです。。。

 

名称に由来

 「ad-container(広告置き場)の略です」って、頑なに説明していきたいところだが。。。

 ChatGPTに「JavaScript と JSON を使ってランダムの4つ広告リンク表示するやつ作って」と頼む。

 結果のサンプルソースの以下を見て。。。

<div id="ad-container"></div>

 「ad-c... うわ。ACジャパンのドメインだ!」と思ったのが本当の由来。 

 ACマニアのおいらにはその衝動を抑えきれない。

 

アソシエイト以外の広告も貼れる

 おいら個人の広告も貼れるし、なかなかいいのではないか。

 広告募集中。。。

テスト広告はやはりこれである。
意図的にこの広告が出やすいです。
(詳細はこの記事を読め)

0 件のコメント:

...